バレない尾行の方法教えます

2021/05/01

GWですね!緊急事態宣言で外出はできませんがそれでも会社が休みでお家にいる方は多くなってきたのではないでしょうか?

今回は 【尾行のコツ】を書いてみたいと思います。

そもそも、尾行なんて自分でできる!っていう方がいます。

はい。その通りです。

尾行は難しいという先入観が結果バレやすい尾行を生むのです。

友達と尾行して浮気調査できた!っていう方は多いと思います。

じゃあなんで探偵って必要なんですか?

それは【質】の問題なのです。

素人が浮気調査する場合、協議では全然問題なく使えます。

調停でも使えるか使えないかで言ったら使えるというのが正しいです。

しかし、相手に突っ込まれた場合否定できない事が出てくることがあるのです。

我々プロはそういった事態を先読みしながら報告書を作成します。

つまり揚げ足取ることが出来ない物を作り上げるのです。

これは、私も万引きGメンをしていた為、犯人を送致するために調書作成を何百件と協力してきました。

そして私の探偵としての師匠も警察顔負けの報告書を作成します。

ですから、報告書に関しては警察だろうが弁護士だろうが毎回驚かせています。

さてここまでは質の話をしましたがそれでも地震でやるといった場合のコツをお話しします。

あくまでも東京都の話としてとらえてください。

地方はまた話が変わります。

都内での尾行のコツは【堂々と撮る】です。

自分を観光客だと思い込んでください。

そもそも、都内でよく写真撮ってる人いますよね?

怪しいですか?

いま、このブログを読み、自分で浮気調査をしようとしてる人は、尾行してると認識してるからおどおどするんです。

バレたらどうしようなんて思ったりするでしょう。

結果こそこそ物陰に隠れて撮ったりするわけです。

そんな人見たらあなた自身どう思います?

〖あやしすぎ〗

なので、自分は観光客なんだ!!!と主張するくらい堂々と撮ります。

言うは易し行うは難しなんですけどね。

堂々ととるとバレるように取るをはき違える人もいます。

是非自分で尾行を考える場合はこれを覚えておいてくださいね。

PAGE TOP